中古車ローンの審査はどうなっている?

どのように中古車ローンの審査は行われるのでしょうか。
中古車であれば、金額の高い憧れの車も購入はできるのではないでしょうか。
中古車のほうが新車よりも、不景気の影響もあり近頃では人気があると言われています。
ローンを組んでもし資金がない場合は購入することになります。
審査が借り入れする場合にはもちろんあります。
信販会社よりも銀行などのオートローンの方が、一般的には利率は低い傾向にあるといいます。
低金利で利用できる中古車のローンは、最近JAなどでもあるそうです。
銀行系は審査基準が厳しく、万一の時に備えて車の所有権も担保としてつけなければならない場合が多いようです。
新車よりも中古車の場合車の評価額が低く担保としての価値も低いので、融資できる金額も少なくなってしまいます。
勤続年数や、年収なども審査基準に加わります。
ほかのローンとは違いよくあるのは、オートローンは金利が優遇されている分保証人が必要だということです。
新車ではなく中古車を購入した場合、整備点検などのメンテナンスに支払いのほかにお金がかかる面もあります。
案外日本の車は壊れにくいといわれているそうです。
あまりに年数の経ったものや、走行距離の多い中古車はでは融資してもらえないこともあるので事前に確認が必要です。
キャッシングなど借り入れる人の履歴もチェックされるようです。
カード会社でのリボ払いの支払いが多額に残っている場合や、ローンを組んでいたりした場合には、中古車ローンを活用できないということもあります。
三菱東京UFJ銀行カードローン審査は無職・失業中は厳しい?【審査落ち】