1987年に誕生した介護福祉士の資格とは?

介護福祉士は、1987年に社会福祉士及び介護福祉士法が制定された時に誕生した国家資格です。
身体や精神に障害がある人や高齢者の直接的な介護の他にも、家族などの介護者の相談や指導を行います。
介護福祉士が求められる職場は主に、特別養護老人ホームや身体障害者福祉施設などの施設に勤務する場合と、在宅の障害者や高齢者への訪問介護業務に分けられます。
ほかにも療養型の病院の介護職員などの求人もあります。
また最近では民間経営のシルバーサービス事業なども増えて来ているため、需要はますます伸びると思われます。
この仕事に向いている人は、何より介護の仕事が好きであることが第一条件です。
高齢者や障害者に対して思いやりの気持ちが持てる人であること、その他の医療従事者と連携して仕事ができ、仲間とコミュニケーションが上手く取れることが大切です。
またこれはとても重要なことですが、入浴介助などがあるため体力が必要であるということです。